実力派俳優が挑む究極の愛のカタチ、音楽劇『刻』2022年8月4日(木)〜9月11日(日)浅草九劇|西森英行×HUH, SOOHYUN

公演詳細




西森英行が自身の劇団InnocentSphereにて2015年1月『刻印』として上演した『刻』をベースに、叙情的なメロディとともに音楽劇として、究極な愛のカタチを探しに、新たに取り組みます。
作曲は、日本でも『SMOKE』や『BLUE RAIN』などで知られるHUH,SOOHYUN。胸を打つメロディーメーカーとして知られる彼が初めて日本との共同創作を行います。

伊藤裕一、大山真志、大沢健、東山光明という実力もあり、且つそれぞれホ・スヒョン作品を経験している役者陣が、出演。伊藤裕一、大沢健、東山光明はそれぞれ役を変わりながら、この深くて重い作品に挑みます。伊藤裕一と西森英行とは『フェイス』『うつろのまこと』『楽屋』とタッグを組み続けており、西森英行の信頼も厚い伊藤は今回は3役に挑戦する。大山真志は、パブリックイメージとは全く違う横山役に挑戦。『SMOKE』の超や海とも全く違う役所ともなる。大沢健は繊細さが必要となる横山と、粗暴さが必要となる北野の演じ分けに期待が寄せられます。ヴォーカルユニットCASPELのリーダーを務める橘未佐子は、母親役として新境地を拓きます。そして『SMOKE』『BLUE RAIN』とHUH,SOOHYUN作品を経験している東山光明も、父親役である高峰と、横山という真逆の役所に挑戦。
ショッキングな表現も含みますが、そこを強調をしたいわけではなく、人間の奥深さ、人が出来事をどう受け止め生きていくのか、という命題に、新たに向き合います。



<STORY>
行方不明になった娘を探す夫婦、高峰雅司と美沙。二人はある男・山本歩の元を訪れる。山本はかつて猟奇殺人を犯して世を騒がせた人物。今は名を変えて生活している山本に、高峰夫婦は、娘の居場所を「推理」して欲しい、と依頼する…。とそこへ、一人の男、北野が現れる。北野はかつて山本に娘を殺された父親だった…。息詰まる対話。緊迫の心理戦。やがて事態は、思わぬ方向に進んで行き…。彼らが行き着く衝撃の結末とは…。



音楽劇『刻』
脚本・演出:西森英行
音楽:HUH,SOOHYUN
出演:伊藤裕一、大沢健、大山真志/橘未佐子/東山光明(五十音順)
【日時/会場】浅草九劇8月4日(木)〜9月11日(日)
【一般発売日】7月23日(土)
【チケット情報】チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/kizamu2022/
【チケット代金】(先行定価)7800円
※本公演は一般発売より本公演規準の価格変動制を適応します。

公式TWITTER

ピックアップ記事

  1. 諸般の事情により、下記配役を変更いたします。8月11日14時横山役:大沢健→大山真志…
  2. 大沢健は、体調不良のため大事をとりまして舞台稽古をお休みしており、8月4日の初日の出演を見送るこ…
  3. ◆上演時間に関して本公演の上演時間は約1時間20分程度を予定しております。 上演時間は多少前後す…
PAGE TOP